大会詳細

日時

平成 21 年 10 月 17 日 (土) 8:50 - 17:30
受付時間 7:50 - 16:30

会場

〒731-3194 広島市安佐南区大塚東三丁目4番1号
広島市立大学

主催

電気・情報関連学会各中国支部
[電気学会] [電子情報通信学会] [照明学会]
[情報処理学会] [映像情報メディア学会] [電気設備学会]

大会組織

大会組織をご覧下さい.

特別講演

演題: 世界から見たヒロシマ—海外主要紙が伝えた被爆60周年
講師: 広島市立大学国際学部教授 井上泰浩 先生

講演者

電気・情報関連学会会員に限ります.ただし,講演者以外は非会員も連名は可能とします. 同一人物が複数の講演の講演者になることはできません.

講演内容

最近行った研究,計画および工事報告,現地試験報告,新製品紹介等.

講演方法

質疑応答3分を含み1件13分(都合により変更することがあります).
原則としてプロジェクタを使用
[注意]

  1. 講演会場にはプロジェクタおよび予備のPCを準備します.原則として,持参のノートPCで発表してください.また不具合等による予備のPCを使用する場合のために,USBメモリ・CD-ROM等により原稿データを持参してください.
  2. 備え付けPCの使用を希望される場合には,予め実行委員会へ連絡してください.
  3. 円滑な進行のため,セッション開始前の休憩時間に各自持参したPCで原稿データが正常に表示できることを会場にて確認しておいてください.

講演申込

申し込みより登録してください.なお,発表希望部門は部門名一覧からお選び下さい.

講演原稿

原稿枚数は1件あたり2枚までです(図面,表を含む). 原稿の作成方法は,原稿の書き方を参照してください.

[注意]

システムで登録可能なファイル形式はPDFまたはPostScriptです. 講演申込と共にシステムから原稿をアップロードしてください. なお,ファイルの容量は最大2MBまでとします.

著作権

著作権は連合大会委員会に帰属します.

論文集の発行日

論文集やプログラムの発行日(公知日)は,10月2日(金)とする予定です.それを 踏まえ,必要に応じ特許出願等の権利処理を済ませるようお願い致します.

申込および原稿提出の〆切

講演申込および原稿提出は 8 月 7 日(金)で締め切ります.
申し込みより登録してください.

申込料

原稿1枚の場合講演1件につき3,000円, 2枚の場合講演1件につき4,000円です(CD-ROM版論文集代含む). 講演者には事前にCD-ROM版論文集を送付します.

払込先

郵便振替口座番号: 01360-9-28542
加入者名: 電気・情報関連学会中国支部連合大会

払込の手順は払込に関する注意事項を参照してください.

表彰

優秀論文に対する表彰制度があります. 優秀論文発表者の表彰制度もしくは各学会支部ホームページを参照してください.

懇親会

特別講演終了後に懇親会を開催します. 会費は正会員・一般3,000円 (当日受付の場合 3,500円), 学生1,500円 (当日受付の場合 2,000円)です. お申し込みは,ホームページで受付けております.
懇親会の事前登録は,できるだけ10月9日までにお済ませください.
詳しくは懇親会のご案内をご覧下さい.

お問い合わせ先

電気・情報関連学会中国支部連合大会実行委員会
731-3194 広島市安佐南区大塚東三丁目4番1号
広島市立大学大学院情報科学研究科内(担当:高濱,市村,原)
TEL:082-830-1698(高濱),082-830-1554(原)
FAX:082-830-1554(原)
E-mail:rentai@info.hiroshima-cu.ac.jp (@を半角に変換してください)